B型肝炎の症状

B型肝炎にはB型肝炎ウイルス(HBV)に感染した際に起こる一過性の急性肝炎と、B型肝炎ウイルスの持続感染者に引き起こされる慢性肝炎があります。症状は急性肝炎と慢性肝炎で異なります。

最初に急性肝炎の症状を解説しますが、B型肝炎ウイルスに感染してすぐに症状は出ません。早いと感染後1ヶ月ほど、遅いと感染後半年ほどの潜伏期間を経て、はじめて症状が出るのが急性肝炎の特徴です。どういう症状が潜伏期間後に出るのかといいますと、全身倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、褐色尿、黄疸といったものがあげられます。

次に慢性肝炎の症状を説明しますが、急性肝炎になった場合のような症状は起こりにくいというのが大きな特徴のひとつです。ではどういう症状が起こるのかという話になりますが、急性肝炎とは別の症状が起こるというわけでもありません。慢性肝炎は発症したとしても、自覚症状に乏しいというのが急性肝炎との主な違いです。

なお、慢性肝炎は急性憎悪といって、一時的なひどい肝障害を招くことが少なくありません。そしてこの急性憎悪を起こした場合には、全身倦怠感、食欲不振、褐色尿、黄疸といった、急性肝炎と共通している症状が引き起こされることがあります。

B型肝炎の原因

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによって発症する病気です。いったいどうしてこのB型肝炎ウイルスに感染してしまうのか、以下に原因をわかりやすくまとめています。

B型肝炎ウイルスの感染が起こる主な原因としては、輸血をあげることが可能です。どうして輸血によって感染してしまうのかといいますと、B型肝炎ウイルスへの感染は、このB型肝炎ウイルスが含まれている血液や体液が体の中に入り込むことによって起こるものだからです。なお、献血された血液の検査が日本国内では徹底して実施されているため、輸血によるB型肝炎への感染はほとんど発生していません。具体的な数ですが、1年あたり10例ほどしか発生していないといわれています。

輸血とは別のB型肝炎ウイルスへの感染原因ですが、母子感染があります。これはB型肝炎ウイルスに感染している母親が出産する際に、子どもがB型肝炎ウイルスに感染してしまうというものです。なお、母子感染は妊婦検診を受けることにより予防することが可能です。

そのほか、性交渉によってB型肝炎ウイルスに感染することがあります。B型肝炎ウイルスに感染した人とセックス、アナルセックス、オーラルセックスをすることによって、B型肝炎ウイルスに感染してしまいます。

関連サイト…http://www.adire-bkan.jp/

B型肝炎の概要

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染してしまうことによって発症する肝炎のことです。B型肝炎ウイルスの感染者は全世界におよそ3億5,000万人存在しているといわれており、日本国内では大体130~150万人の感染者が存在しているといわれています。約100人に1人の日本人がB型肝炎ウイルスに感染しているという計算になります。なお、1年あたり大体10,000人の人が新たにB型肝炎ウイルスの感染者になっているといわれています。

B型肝炎ウイルスは肝炎=肝臓に感染し生じる炎症のことですが、肝炎を発症すると肝臓の細胞が破壊されて、肝臓の機能が低下してしまいます。数ヶ月間で治るケースもありますが、慢性化すると肝硬変、肝細胞がんへと進行してしまうことがあり、最悪の場合には命を落とすことにもなりかねません。このようにB型肝炎は恐ろしい病気なのですが、検査を受けることにより発見することが可能ですし、この病気にかかっているとわかれば治療を受けることもできます。また、B型肝炎にはワクチンが存在しており、接種を受けることによって予防することも可能になっています。

そのほか、B型肝炎ウイルスにどうして感染してしまうのか、感染して肝炎を発症した場合にはどういう症状が引き起こされるのか、この点が気になったという人もいるでしょう。この問いに対する回答となる解説は別頁でしていますので、B型肝炎の原因や症状まで知りたいと思っている人は内容をご確認ください。