B型肝炎の症状

B型肝炎にはB型肝炎ウイルス(HBV)に感染した際に起こる一過性の急性肝炎と、B型肝炎ウイルスの持続感染者に引き起こされる慢性肝炎があります。症状は急性肝炎と慢性肝炎で異なります。

最初に急性肝炎の症状を解説しますが、B型肝炎ウイルスに感染してすぐに症状は出ません。早いと感染後1ヶ月ほど、遅いと感染後半年ほどの潜伏期間を経て、はじめて症状が出るのが急性肝炎の特徴です。どういう症状が潜伏期間後に出るのかといいますと、全身倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、褐色尿、黄疸といったものがあげられます。

次に慢性肝炎の症状を説明しますが、急性肝炎になった場合のような症状は起こりにくいというのが大きな特徴のひとつです。ではどういう症状が起こるのかという話になりますが、急性肝炎とは別の症状が起こるというわけでもありません。慢性肝炎は発症したとしても、自覚症状に乏しいというのが急性肝炎との主な違いです。

なお、慢性肝炎は急性憎悪といって、一時的なひどい肝障害を招くことが少なくありません。そしてこの急性憎悪を起こした場合には、全身倦怠感、食欲不振、褐色尿、黄疸といった、急性肝炎と共通している症状が引き起こされることがあります。