B型肝炎の概要

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染してしまうことによって発症する肝炎のことです。B型肝炎ウイルスの感染者は全世界におよそ3億5,000万人存在しているといわれており、日本国内では大体130~150万人の感染者が存在しているといわれています。約100人に1人の日本人がB型肝炎ウイルスに感染しているという計算になります。なお、1年あたり大体10,000人の人が新たにB型肝炎ウイルスの感染者になっているといわれています。

B型肝炎ウイルスは肝炎=肝臓に感染し生じる炎症のことですが、肝炎を発症すると肝臓の細胞が破壊されて、肝臓の機能が低下してしまいます。数ヶ月間で治るケースもありますが、慢性化すると肝硬変、肝細胞がんへと進行してしまうことがあり、最悪の場合には命を落とすことにもなりかねません。このようにB型肝炎は恐ろしい病気なのですが、検査を受けることにより発見することが可能ですし、この病気にかかっているとわかれば治療を受けることもできます。また、B型肝炎にはワクチンが存在しており、接種を受けることによって予防することも可能になっています。

そのほか、B型肝炎ウイルスにどうして感染してしまうのか、感染して肝炎を発症した場合にはどういう症状が引き起こされるのか、この点が気になったという人もいるでしょう。この問いに対する回答となる解説は別頁でしていますので、B型肝炎の原因や症状まで知りたいと思っている人は内容をご確認ください。