B型肝炎の原因

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによって発症する病気です。いったいどうしてこのB型肝炎ウイルスに感染してしまうのか、以下に原因をわかりやすくまとめています。

B型肝炎ウイルスの感染が起こる主な原因としては、輸血をあげることが可能です。どうして輸血によって感染してしまうのかといいますと、B型肝炎ウイルスへの感染は、このB型肝炎ウイルスが含まれている血液や体液が体の中に入り込むことによって起こるものだからです。なお、献血された血液の検査が日本国内では徹底して実施されているため、輸血によるB型肝炎への感染はほとんど発生していません。具体的な数ですが、1年あたり10例ほどしか発生していないといわれています。

輸血とは別のB型肝炎ウイルスへの感染原因ですが、母子感染があります。これはB型肝炎ウイルスに感染している母親が出産する際に、子どもがB型肝炎ウイルスに感染してしまうというものです。なお、母子感染は妊婦検診を受けることにより予防することが可能です。

そのほか、性交渉によってB型肝炎ウイルスに感染することがあります。B型肝炎ウイルスに感染した人とセックス、アナルセックス、オーラルセックスをすることによって、B型肝炎ウイルスに感染してしまいます。

関連サイト…http://www.adire-bkan.jp/